パヤオ釣り

素人でもマグロが釣れるのが「パヤオ釣り」。
大海原でマグロと格闘という夢のような釣りが楽しめます。

パヤオって何?

パヤオって何?「パヤオ」とは、別名「浮き魚礁」とも呼ばれるもので、水深1000m以上ある外洋のポイントに、人工衛星のような形をしたウキをアンカーを打ってロープで固定した人工の漁場の事です。ウキを固定するロープには海藻類が付着し、プランクトンやそれを食べる小魚などが居着くようになります。すると、その小魚を食べる中小型マグロやカツオ、シイラなどの中型の肉食魚が回遊するようになり、さらに、これらの中型魚を食べるカジキや大型マグロなどが集まるという食物連鎖が展開されるのです。現在、沖縄本島や久米島、宮古島や八重山諸島周辺に100基以上のパヤオが設置されており、その一部が釣り人にも解放されて、県外からの観光客はもちろん、地元の釣り人にも人気の船釣りポイントとなっています。

パヤオで釣れる魚

パヤオで釣れる主なマグロの種類はキハダマグロ、メバチマグロ、トンボマグロの3種類で、他にカツオやシイラ、ツムブリ、時にはカジキも釣れたりします。

パヤオで釣れる魚

フカセ釣り

フカセ釣り

シビマグロ(小型マグロの総称)やカツオ、シイラ等はエサとなる小魚の多いパヤオ周辺に多く群れています。釣り方はキビナゴを数尾撒いて、仕掛けを20〜50m程仕掛けを送り、時々コマセを撒きながらアタリを待ちます。コマセを切らさない事とコマセと仕掛けの同調がコツとなります。

ジギング

ジギング

ジギングとはジグと呼ばれる鉛で出来たルアーを沈めて、竿をしゃくりながらリールを巻く釣り方で、ゲーム性の高い釣り方です。パヤオで釣れるほとんどの魚が釣れますが、特にメバチマグロには効果的な釣り方です。

天秤釣り

天秤釣り

大型マグロ狙いに有効な釣り方です。キビナゴを詰めたコマセ袋と一緒に天秤仕掛けを50〜150m位落として、アタリを待ちます。時々竿をしゃくって、コマセを振り出すようにします。

エビング

エビング

ソフトワームや土佐カブラ等を天秤仕掛けの針に掛け100m位落とし込んでから、しゃくりながら電動リールで巻き上げるだけでOKです。